心や態度の変化にアンテナをはろう!

部下や同僚の変化のサインは見逃すな!

オフィス

言動の変化~表情や態度~

機械のように不眠不休で仕事をする人はいません。ストレスで作業効率がわるくなるケースもあります。だからこそちょっとした変化に気づかないといけません。例えば表情や態度です。プロジェクト開始時と中間地点では表情が変わっている場合があります。また態度も悪くなることも少なくないでしょう。部下や同僚へのアンテナもプロジェクト達成には必要不可欠なのです。

欠勤、遅刻の増加

欠勤や遅刻が多くなると何かあったんじゃないかと疑いましょう。例えば病気かもしれないし、プライベートで嫌なこと、職場の不満が原因の場合も少なくありません。

生産性の低下、ミスの増加

今までスムーズに仕事をしていたのに、簡単なミスが多くなったり、ノルマの半分も達成できていない人が周りにいる場合は要チェックです。しっかりとケアを行わないと、欠勤する可能性が高くなり、余計に作業効率がわるくなります。

体調不良の訴えが多くなる

体調不良はカゼや熱と言った、見てわかる様なものと精神的な心の不良があります。その判断をしっかり見極めることで、相手にとって最善の解決方法を見つけることができます。

仲間への気遣いは必要~メンタルケア方法~

心とカラダを休める時間を作る

部下や同僚が辛い様態と理解したら、心とカラダを休ませる時間を作ると良いでしょう。仕事のストレスや疲れが軽減され、今までと同じもしくは、それ以上のパフォーマンスをしてくれるかもしれません。

話を聞く

仕事の悩みやプライベートの悩みなど、人には様々な悩みと毎日戦っています。その悩みを親身になって聞くだけでも、相手にとっては心のトゲが取れたり、悩みが吹き飛んだりします。ただし注意点は、相手の悩みを軽く考え、説教や過剰なアドバイスをすると逆効果なので気をつけましょう。

専門機関の受診を勧める

心が病んでるしまうと、話の辻褄があわなくなったり、不眠で顔が暗くなったりするケースがあります。そんな時に「気合いでなんとかしろ」など変なアドバイスは絶対にやめてください。心の病気の可能性もあるため、そういった場合は専門機関に受診を勧める方が良いでしょう。

自己評価の向上

評価をすること必要です。小さな評価でも相手にとっては大きな評価だと思い、嬉しい気持ちになります。また高い自己評価を得るためには、毎日の言葉の掛け合いでも必要です。例えば「いつもありがとう」「アナタのおかげ!」などの励ましの言葉は自分は誰かの役に立っていると思い、高い自己評価をすることでしょう。

失敗をしても責めない風土を作る!

失敗すると落ち込みます。また責任が自分になると不安感が増し、心の負担になります。なので、失敗しても個人に責任を追及しない風土を作れば、心の負担も軽減されます。しかし、この方法は品質管理やスケジュール管理に問題が発生することがあるので、最低限の徹底は心がけてください。